創造的な生活とは

日々の気づき生活することとは、様々な“技術”の横断と編集の絶え間ない研磨で あり、生活に直面する問題は、常に日々の「気づき」とそれに伴う “実験/実践の継続”によって解決されてきました。

有用な“技術”の発明を促す“気づき”のために何が必要か?その源は 「アート」にあると考えます。アート(=art)とは、元来、“術”、または “技術”という意味を表す言葉でした。(artの語源は、ラテン語でアルス=ars、 ギリシャ語でテクネー=techne)

「生活を営むこと=技術の集積」と考えれば生活の諸形式はアートの 源であり、アートの根源的要素を含有していると言えます。

フルクサス(1960年代に発生した芸術運動)が、芸術と生活のボーダー を超え、「日常を芸術化し、芸術を日常化」を標榜したことは、何ら 特殊な事例ではなく、自明なことへの回帰でもあったのです。

アンフラマンスは、日常に潜む諸感覚への喚起を生む出来事を創造 していくために、人体において外界に最も近接した器官である肌と 環境の間において様々な提案を展開して行きたいと考えています。